Amazon
<< Welcome to Eugenia's office / ユージニアのオフィスにようこそ | main | Nouvelle Eden in Europe / 休暇はヨーロッパの新しいエデン >>

ハートのアイコン(取り替え可能) スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |

ハートのアイコン(取り替え可能) Il etait une fois Mademoiselle Giselle / お嬢ジゼル

新しいドールを楽しみにしてるんですが、うちにはまだきません。ぼちぼちエデンがeBayなどでも出始めてますねえ。 羨ましいですね。


ジゼルです。お嬢様です。エデンがアメリカの富豪のお嬢様なら、ジゼルはヨーロッパの令嬢です。
あ、白髪のジゼルは双子なんですが、生まれてすぐ別れてしまい、彼女は貧しい生活をしていました。こちらのジゼルといえば、叔母である伯爵夫人のアグネスに引き取られ、なに不自由ない大金持ちの令嬢として育てられました。


Il etait une fois と書いたのは、ディズニーのEnchantedという映画のフランス題名なのですが、ジゼルというお姫様がでてきます。アニメの中のお姫様が悪い魔法使いのお妃によって、人間に変えられてしまい実写のNYにまよいこんでしまうという、結構おかしな物語です。


「私の叔母様は伯爵夫人のアグネスですわ。 成金アメリカ娘のエデンには負けないわ。」
待ち人こないなあ。
実は折角、日本に帰ってきたんだし日本のディーラーさんに注文しようと頑張ったのですが、なんと、私の欲しかったエデンちゃんに限って瞬殺で買えませんでした。 皆欲しいものは同じだったんだなと改めて思いました。 もうメッチャ遅い私のパソコンとそういう早業に慣れてないトロい私じゃ所詮無理だったんですね。 で、結局海外お店にお願いしたのですが、音沙汰なしで・・・とホホ。
忘れられてしまったかしら・・・。

| IT NU Giselle | 21:40 | comments(4) | trackbacks(0) | グリゼット、Grisette, Grisetten, |

ハートのアイコン(取り替え可能) スポンサーサイト

| - | 21:40 | - | - | スポンサードリンク |

コメント
お嬢様、久々の登場ですね。((*^▽^*))この派手ドレスは、イーデンより、ジゼルの方が似合うような気がしますです。(私も銀髪一号ジゼルに着せてますわ。)

ジゼル、アグネス、イーデンは、私も大好きなラインですが、今期の新しいドールは全員パス。。。(これでいいのか?)

新しいジゼル、残念でしたね。ライフボールがB*C では完売!!($_$); ちょっとびっくり。
| ai | 2009/06/22 12:17 AM |
aiさん、

本当に銀髪たたきあげジゼルはちょっと前にでましたが、お嬢のジゼルは久しぶりです。ちょうど新しいジゼルの発売と重なってしまって、しょぼくなってしまいましたです。

FR本当に新しいドールはどこも余ってますが、昔のものはeBayにもちょっと前にくらべだいぶ品薄になってきた気がします。懐事情もありますが、もともとときめかないものは無駄に買えないっす。
aiさんはAG入れ込んでましたから当然でしょう。FR一本のわたくしなのにほとんどお迎えしてないというのはいかがなもん。で、いくら新しいのが出ても、お迎えしたいものは、過去っ子だったりするし。最近の顔のプリント苦手みたい。去年出た子達はすごくよかったのに。

日本と外国じゃ受ける子が微妙に違うのと、入荷数と需要が必ずしもそれにあってないのでしょうね。
| グリゼット | 2009/06/22 9:41 AM |
このお嬢ジゼルは、豪遊先のNYでモデル稼業をしてる双子の白髪ジゼルと出会ったら、無視っ!!なんてするのでしょうか・・・^^;
アグネス→ジゼルモールド、驕慢で可愛くて、いい顔ですよね。私も欲しいと思っているのですが、お高くて手がでません・・・。
それにしても、お城シリーズのインテリア、椅子も色違いで素敵ですけれども、後ろに写ってる大きな時計に見惚れております。それ、本当に動いているのでしょうか?凄くぴったりとハマってますね〜♪
| Rey | 2009/07/01 10:37 AM |
Reyさん、

このジゼルは気が強そうなので、ありえそうですね。白髪ジゼルはでもたたき上げで逆境に強いから、そんなことじゃへこたれませんですが。ジゼルは顔がどんどん変わりますね。初代の白髪はもうあまり出物がないかもしれませんね。新しいジゼルはどうでしょうか?

時計、いいでしょ!えへん!これ、普通に動いてます。実はいつも目をつけてた似たような時計がY屋さんにあって、さすが日本、こういうのがすぐある、そしていつもあるんだろうな、今度また、と思って買わずにいたんですよ。そしたらある時いったら、もうなくなっていて、買うべきだったと泣いたんです。ところが、それよりさらに半額でもっとお気に入りのこの時計を近所の雑貨屋でみ見つけた時には、買わなくてよかったと思いましたよ。これは即買いでした。ふふ。かなり大きいので、14インチドールでも違和感ないと思います。そのうち大々的にデビューさせますね。
| グリゼット | 2009/07/01 9:42 PM |
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://grigrigri.jugem.jp/trackback/90
トラックバック

SELECTED ENTRIES
SEARCH
COMMENT
ARCHIVES
LINKS
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
PROFILE
OTHERS
SPONSORED
MOBILE
qrcode